スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
トップクラスの性能。。。瓦・ROOGA(ルーガ)
さぁ今回またまたマルヤマ建設がオススメする製品!!!

ここで紹介するのはこちら~

ケイミュー製品のROOGA(ルーガ)で屋根の葺き替えしました。

これから屋根ROOGAの清掃をして、全体に管理者検査を実施したら足場解体で完成です。

006_convert_20150618094653.jpg

007_convert_20150618094619.jpg

既存の瓦は和型瓦の土を敷き均して屋根を葺いていく工法でしたが

今回は乾式工法(仕上げや下地にモルタルや土壁など、水を含んだ材料を使用せず
工場で生産された材料などを現場で取付ける工法。乾燥待ちの必要がないので
気候に左右されず工期を短縮できる。
また、乾燥による伸縮の影響を受けない。工期の短縮が可能)
を採用しました。

ただそれだけではありませんよ~

この屋根材のいいところは

①軽量性能
「地震に強い住まいは軽さが創る」というぐらい、一般的な瓦の半分以下に軽量化されています。

②防災性能
「割れにくい強さで毎日に安心を」というぐらい、素材自身が高い耐久性があります。

015_convert_20150625102823.jpg



③快適性能
「外観だけでなく室内も心地よく」というぐらい、気泡で高い遮熱性・遮音性を確保しています。
※ROOGAの性能をより高めるために、下地材に【遮熱ノアガードⅡ】というアルミ反射層を付加しました。

④意匠性能
「その美しさが暮らしを輝かせる」というぐらい、造形のの美しさに紫外線に強い
コーティング加工がされています。

この点において、日本の屋根に求められる、すべての性能をROOGAはトップクラスの

水準で満たしていると考え今回もお施主様からの希望もあり、採用させていただきました。


軽くて、強い。美しく、心地いい。かつてない新素材の瓦はケイミュー ホームページはこちら

加古川でGOOGAで屋根を葺き替えするならマルヤマ建設へ ホームページはここ
スポンサーサイト
[2015/06/18 10:28] | 建築工事の現場情報(新築・増改築・リノベーション・リフォーム・改修・改装) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
環境にやさしいエコカラット。。。
さぁここでご紹介させていただくのはこちら~~~

P6010202_convert_20150612144722.jpg

LIXILのエコカラットです

この商品は家と空気の気になる関係
①湿度トラブル ②気になるにおい ③有害な物質
上記の3点において効果の期待ができます。

日本の気候と相性の良い土壁をルーツに持つ「多孔質セラミックス」が家の中の

空気を吸って吐いて、季節をとわず快適な湿度を保ち、気になるにおいや

有害な物質を低減していきます

もちろんエコカラットだけでは、すべて改善されるわけではありませんが、効果は

期待できます

あくまでもエコカラットは快適な環境を補助する商品ですから、根本的には家の中の

設備(24時間換気)や断熱工事(ペアガラス・断熱サッシ・室内二重サッシ・断熱材の更新)

により改善したうえであればより効果が発揮します。

※多孔質セラミックスとは、目に見えないほど微細な孔を多く持つ多孔質な窯業材料です。

目に見えない効果を説明するのは、とても難しいのですが、われわれマルヤマ建設は

お客様のワンランク上の快適な空間を居心地がよくなればと思い

これからもご提案していきます

家のことなら加古川のマルヤマ建設へ ホームページはこちら
[2015/06/12 15:39] | 建築工事の現場情報(新築・増改築・リノベーション・リフォーム・改修・改装) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
【住宅エコポイント制度】
マルヤマ建設で住宅エコポイントを活用した省エネ工事をご紹介します

今回はマンションや一戸建て住宅等ほとんどの建物でアルミサッシがあると思います。

そのサッシのガラスを性能の高いガラスに更新したり、サッシを断熱サッシに取り替えたり、既存のサッシはそのままで

部屋の内側にサッシを新たに取り付け二重サッシにしたりで、住宅エコポイントを受ける工事が今とても!とても!

多いんです

室内での冷房時の効果も大きくて、今オススメです

P6060428_convert_20150606160503.jpg

住宅エコポイントの制度をご活用して更なる快適空間を造るお手伝いをさせていただきたいと思っています。。。

前回の住宅エコポイントはかなり早い段階で打ち切りになっていましたが、今回はまだ余裕があるのではないかと

各メーカーの推移を確認して推測しました。

みなさん、、、ぜひこの機会に住宅エコポイントのご活用を。。。



加古川のマルヤマ建設は地域に貢献して愛される企業を目指しています。 ホームページはこちら
[2015/06/06 16:47] | 知って得するお得情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
加古川市F様邸ベランダ防水工事
外壁塗装工事と併せてベランダの防水工事です。

現在の木造新築住宅は、FRP防水という工法の防水が主流ですが、今回採用した防水は、、、

ウレタン塗膜防水の通気緩衝工法(X-1)です。

下地のモルタルの不陸や押えコンクリートの上のかぶせ工法で最も実績があります。

まず施工する防水層の問題点は、目地部分の破断防止とふくれの防止です。

押えモルタルの目地は温度変化などによって伸縮を繰り返すことがあり、この動きに追従する性能が要求されます。

また、押えモルタル内部に含水していることが多く、この水分によって防水層にふくれが発生します。

脱気筒も設置して内部の膨れの防止をします。

通気緩衝工法はこの問題を解決するために開発された工法であり、このベランダには適していると判断し採用しました。

(通気緩衝シート貼り)
P5250161_convert_20150602135618.jpg

(通気緩衝シート貼り)
P5250164_convert_20150602135657.jpg

(脱気筒)これで防水と下地の内部の空気を調整します。
P5250167_convert_20150602140114.jpg

(ウレタン防水)ウレタン防水下塗り+上塗+仕上げ保護塗料塗りで完成です。
P5270192_convert_20150602140713.jpg

このように木造住宅でも改修工事の工法は様々です。

これで漏水の心配もありません。


加古川のマルヤマ建設は地域になくてはならない会社として頑張ります。 ホームページはこちら
[2015/06/02 14:40] | 建築工事の現場情報(新築・増改築・リノベーション・リフォーム・改修・改装) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。