スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
下水処理場の修繕
みなさん、こんにちは



ふくちゃんです
イメージキャラクター

先日、高砂市の下水処理用のお仕事を
元請けから依頼を受け、
ステンレス製のドアの修繕をしてきました。

海の近くという事もあっての
ステンレス製であったのですが
まぁ、なんともでかい扉で
ものすごく重たいドアでした。

PA010031_convert_20141020154620.jpg

高さ3M×横巾3M

浄化機能をもった機械の搬入口なのですが
つくりかえた場合、どのぐらいになるか
一応確認したところ、

200万円をこえるそうです

20年以上経ってるわけですから
どこかしら歪みがでるものですがそれにしてもびっくりの価格です

当然、修理という事になりました。

でも、あれだけ重たいドアが20年以上たってメンテを受けるなんて
職員の方たちも大事にあつかってたんでしょうね


リフォームは加古川のマルヤマ建設で ホームページはこちら



スポンサーサイト
[2014/10/20 15:56] | マルヤマ建設 福田の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。